すだまの足跡

技術と社会を考えたい理系大学院生が残したいつかの足跡。

パワポの下付き文字に物申す

理系の資料作りなんかだと、上付き文字や下付き文字をしょっちゅう使うと思います。自分はWindowsユーザーなので、ワードやパワポをよく使います。が、それらを使っていて前々から気になっていることが。

ワードを使用して下付き文字を打ち込むと次のようになります。

f:id:algernon3141:20191121005149p:plain

まあ普通ですね。一方でパワポを用いて下付き文字を打ち込むと次のようになります。

f:id:algernon3141:20191121002620p:plain

 

…………。

 

f:id:algernon3141:20191121004727p:plain

Why Microsoft Office!? Why!!??

タツキニモホドガアルダロ!!??

イマニモオッコチソウダヨ!!!


って思いませんか(細かい)? さらにアンダーラインを引くとこうなります。

 

f:id:algernon3141:20191121011032p:plain

 

Why Microsoft Office!? Why!!??

ソレジャアモハヤUnderlineジャナクテ、

Under-rectangular-functionダヨ !!??


って思いません?(これはワードでも同じ)

検索してみると、この下付き文字の位置は大して珍しく無いようではありますが、しかし見れば見るほど違和感を感じます。これを修正するには、下付き文字の相対位置を「フォント」設定から弄ればいいのですが、いちいちやるのは面倒くさい(規定値って変えられるんでしょうか)。より手っ取り早いのは、下付きの書式を用いずに、単純にフォントサイズを小さくすることです。すると次のようになります。

f:id:algernon3141:20191121012356p:plain

うん、こちらの方が余程見た目がいいです。心も穏やかになります。

実は完全に好みの問題なのかもしれませんが、個人的には、可能な限り文字列は横一線で揃っていた方が大分見映えの良い資料が作れると思っています。特に化学系だとそうです。というわけで、今回はただパワポの細かいところにツッコむだけの回でした。